アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
毎日飲むなら青汁?!
ブログ紹介
健康や美容等に効能がある青汁の情報や活用法を掲載しています。青汁といっても、材料や製法はさまざま、健康状態や体質は人それぞれなので、適した青汁を使用することが美容や健康にとって必要です。あなたにちょうどいい青汁探しからスタート!
zoom RSS

キューサイの粉末青汁とは

2007/02/26 21:34
飲みやすい青汁。

無農薬ケール葉を新製法で100%粉末にした、サラリと解ける粉末青汁になっていて、ケールの栄養成分はそのままです。

・サラサラの溶けやすい粉末青汁
独自の新製法を使って、サラサラの溶けやすい粉末青汁になっています。

・ケールの葉まるごと100%使っています。
原材料のケールは安全な国産の無農薬で無化学肥料を使用しています。味・濃さが違います。

・おいしく飲みやすく
野菜の旨みがギュッとつまって、 おいしくできております。

粉末青汁
1袋420g(約60杯分)
サラっと溶けやすく無農薬ケールまるごと100%のオイシイ青汁。
スプーン1杯で約100g分の生野菜の栄養。
一杯たったの約105円(税込)と安価な価格。
経済的にも心配なく毎日摂っていただけます。

また、生活環境によってキューサイの青汁は数タイプ用意されています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ケール栽培と農薬

2007/02/25 20:26
ケールは、農林水産省のガイドラインにそって、無農薬を条件に契約した農家の方々によってのみ栽培がされています。

栽培の場所はさまざまで北海道、島根、広島、九州各地にもおよび、どの季節も質のよいケールを栽培することが可能です。

健康な土からだけ健康な野菜ができる。それが生命につながっていく。それがキューサイミネラル農法の基本理念。

土壌分析を行い、作物がちゃんと育成するために必要な微妙なミネラルを与え、栄養バランスがとれた健康な土へ変えていきます。1億分の1のミネラル成分にまで着目した土壌作りにより育てられたケールは、「ミネラルケール」と呼ばれています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ケールの栄養素

2007/02/24 22:04
β-カロチン(ビタミンA)、B1、B2、Cなどのビタミン食物繊維、カルシウム、リン、カリウム、たんぱく質などのミネラルが豊富に含まれています。
ミネラル、ビタミンをほかのものと比べてみると

・カルシウムは牛乳の約2倍
・ビタミンCはみかんの約2.5倍
・カロチンはトマトの約5倍
・ルティンはほうれん草の約2倍

・ビタミンEはピーマンの約3倍
ケールが含んでいる栄養素「イソチオシアナート」
血栓予防・解毒酵素の活性化と殺菌作用を促します。
それから、
脳血栓や心筋梗塞を招く血栓を起こりにくくし、血液の流れを正常な状態に保つ働きがあります。
そして、食中毒の理由になる発ガン物質や細菌
ダイオキシンなどの毒性物質が体内に入った場合、体は防御しようとして解毒酵素を出しますが、
それを活性化させる働きがあります。
また、殺菌力も強いので食中毒も防ぎます。

「メラトニン」
ホルモンであらゆる動植物に含まれているもので、抗酸化物質として活性酸素を排除し、体の中で酵素を作り出し活性酸素の発生を防ぐ働きがあります。

・抗酸化力によってガンの抑制
・老人性白内障やアルツハイマーの予防も効果
・ストレスが原因の免疫の低下を防ぎます。
・コレステロールや血圧を下げる働き

そのほかの栄養素
その他にも、発ガン抑制作用を持っているフラボノイド、発ガン物質に毒性をなくさせるインドール化合物などガンに対する威力もあります。

また、ケール100%の青汁を飲み続けていたら、
「血糖値、血圧が下がった。」
「ダイエットが楽にできた。」

「糖尿病や脳梗塞を克服した。」
「大きな病気が良くなった、治った。」
などの体験をされる方が続出しています。
そのため
「青汁の王様」「スーパー野菜」などとケールは呼ばれ、青汁の原料として欠かせない存在となっています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キューサイ粉末青汁の力

2007/02/22 23:40
・スプーン1杯の粉末青汁のパワー

毎朝のあわただしいしい時でも、コップに粉末青汁スプーン1杯と水を入れて、まぜればできあがりです。

牛乳と混ぜてもおいしいですし、野菜が好きでないお子様にも飲みやすいです。
手軽に毎日青汁生活を始めましょう。

・たっぷりのミネラルとビタミン

スプーン1杯(または1包)約7gの比較−こんなに栄養価が豊富
ビタミンC  キウイ1.5個分またはイチゴ約9粒
カリウム   グレープフルーツ約1個またはコンニャク約2.5枚
鉄      乾燥プルーン約5粒または豚ロース約130g
カロテン   ピーマン約7.5個またはトマト約1個
カルシウム  牛乳約100ml またはカッテージチーズ約200g
マグネシウム  カキ約1.5個またはバターピーナッツ約8粒
ビタミンB1  りんご約0.5個または生しいたけ約3個
食物繊維   セロリ約2.5本
ビタミンE  ゴマ大さじ5.5杯

※心臓・脳・血管などの病でワーファリンなどを飲まれている方は、医師に相談して、お飲み下さい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青汁に使われるケールとは

2007/02/22 23:38
ケールとは古代ギリシャが発祥の地と言われているアブラナ科の野菜でキャベツの原種のようなものです。

ケールは一年中栽培できること、野菜の中でも飛び抜けて栄養があることこと、飲みにくくない味であること、収穫量の多いこと、といったことから青汁に適していると思われています。

ケールにも様々な品種がありますが、青汁にするためには、ツリーケールという木立性の大葉種がすぐれています。キャベツを大きくしたような感じです。

キャベツのように丸い玉が、地面にできるのではありません。茎が生えて、そこから「葉っぱ」が育ちます。

日本には、スーパーなどで見ないので、あまり浸透していない野菜です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青汁の飲み方と飲む目安

2007/02/13 01:11
青汁は薬ではありませので、いつでも飲むことができます。あなたのライフスタイルにあった飲み方で、健康をサポートしてくれます。

多くのかたは、朝食の前後や寝る前に飲むようです。

大人なら1日に必要な野菜分を、100ml2本を飲むことで摂ることができます。青汁以外で、野菜を摂取している方は、1日に摂る量は、冷凍パックひとつでもOKです。

なんらかの健康改善を目的に飲んでいる方は、1日に5、6パック飲むのがよいでしょう。わたし達の体が毎日必要とする野菜の量は300gですので、青汁は、1日に2パックで野菜不足のお手伝いをします。(※300gとは、キャベツ中1個分に 相当します。)

気をつけたいのは、効果や、効果が現れるまでの期間は人によってちがうことです。まずは毎日欠かさず飲むようにしましょう。※1パック(90ml)のカロリーはおよそ15〜20`calです。また、牛乳は同じ量で53`calです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青汁の味

2007/02/13 01:10
わたしは「青汁はまずい飲み物」と思っていました。たしかに美味しい味ではありませんよね。そんな青汁も改良が重ねられてさまざまなタイプの青汁が販売されており、味に関しても色々なものがあります。

体に必要な栄養はそのままで、飲みやすく改良された青汁がたくさんあるので、以前、青汁を飲んで「あの時まずかったから」といった方にも飲むことができる青汁が、きっと見つかると思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青汁にはどのような栄養素があるのか

2007/02/10 18:42
青汁には健康をサポートする栄養素がたくさん含まれているんですよ。

青汁の原料によっては含む栄養素はちがいますが、どの青汁にもビタミンA、ベータカロテン、ビタミンC、葉緑素、カルシウム、食物繊維などが含まれており、健康によい食品といえます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


便秘解消には青汁が効果的

2007/02/04 18:48
多くの病気の元といわれる便秘にお悩みの方はかなりいると思います。なぜ食生活が原因で便秘になるのかというと、食物繊維の少ない食事をしていると便が少なくなるからです。

便が長時間、腸内にとどまっているので、便の水分が減って固くなります。こんなときに青汁の食物繊維が効果を発揮します。

食物繊維は腸では消化されませんが、便となって私たちの体から出ていきます。青汁にふんだんに含まれている食物繊維は便秘解消にはもちろんのこと、その他の理由で青汁を飲み始めたら、「便通まで良くなった」というパターンもよく聞きます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青汁の粒とは

2007/02/04 18:47
青汁にも錠剤状のものがあります。他の薬と同じように錠剤タイプなので大変お手軽に飲むことができます 。

錠剤になった青汁には食物繊維・ビタミン類・ミネラル類が総合的にバランス良く含まれており、他の薬とも安心して使うことができます。

そのかわり、錠剤タイプの青汁で摂取した場合は数が多くなるので、コップ1杯=錠剤タイプ2〜30錠が目安です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


海藻(海草)青汁とは

2007/02/04 00:52
ある番組でも紹介され、今とっても注目を浴びているものが「海藻(海草)青汁」です。
海藻(海草)青汁は野菜を原材料として使用した青汁とは全然違い、海藻を使った「海の青汁」です。

モズクやワカメ、昆布、メカブなどの海藻類には、話題の「フコイダン」など、ビタミン、ミネラル、食物繊維など体に有用な栄養素が詰まっています。

海藻青汁には、カルシウム・カリウム・鉄分といった多くのミネラル、ビタミン類や、食物繊維やカロチン、ナイアシンなどいろいろな種類の栄養成分がしっかりと含まれています。健康全般、生活習慣病予防、美容やダイエットに効果が期待できる新しい青汁です。

ほかにも、青汁の材料として適しているものには、パセリ、にんじん葉などがあげられます。にんじん葉などといったものは畑にある段階で切り捨てられていますが、含まれている栄養は、ありふれた野菜と比較してもずっと豊富に含まれています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レモン青汁とは

2007/02/04 00:51
このごろの青汁は、飲みやすいようにたくさんの工夫がなされている青汁が販売されるようになりました。

レモン青汁は、その一種です。青汁とレモンジュースを混ぜ合わせた種類で、レモン果汁の酸味が青汁の青臭い飲みにくさをうまく変えてくれるのです。爽やかで、すっきりとした味が飲みやすく変わっています。

何度か試してみても青汁が全く飲むことができなかった方でも、レモン青汁なら飲めると思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青じそ青汁とは

2007/02/04 00:47
青じそは、サラダや刺身の飾り代わりにしたりと、彩りとして利用されることが多い野菜ですが、実は、緑黄色野菜のうちでとっても豊富に栄養が含まれているものです。

老化を予防するβ-カロチンが多く、2000IUも含み、西洋かぼちゃと比較して3倍以上も含んでいるそうです。また、鉄分・ミネラル・ビタミンB1/B2も多く、アレルギーに作用するといわれるα−リノレン酸も豊富につまっています。

鉄の吸収を促進するビタミンCも多量に含んでいるため、貧血に効果があります。アレルギーの悪化原因物質の量を適したぐらいに抑制・調整する作用があるので、アトピー・花粉症・喘息等のそれぞれの症状を改善してくれるかもしれません。

しそ特有の匂いはペリルアルデヒドと呼ばれる成分によるものです。あの青じその新鮮な風味が気持ちをリフレッシュする効き目があるので、青じそを使ったものは他の野菜と比較してとっても飲みやすい青汁です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


冷凍タイプの青汁とは

2007/02/02 22:53
青汁のうち、冷凍タイプ(液体タイプ)のものは最も広く用いられている製法により加工された青汁です。タイプ名のとおり青汁の液を冷凍させたものをいいます。

青汁そのままの味なので多少飲みにくいタイプですが、急速冷凍して作られていますのでフレッシュです。このタイプの青汁の利用法は、保管は冷凍庫で、必要な分だけ解凍して飲みましょう。この青汁には濃縮されたタイプもありますので、飲用時に解凍後水などを入れて飲む事になります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明日葉(あしたば)青汁とは

2007/02/02 22:53
明日葉は今日葉っぱを摘み取ってしまっても明日には新芽が出ているというくらいパワフルな植物です。

ガンに効果のある野菜ということで注目されていますが、カロチン・ビタミンB・ナトリウム・カリウムなどの栄養素が他の野菜と比べても豊富に含まれおり、栄養たっぷりの原料として明日葉を使った青汁は生活習慣病が気になる方には合った青汁だといっていいでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いぐさ青汁とは

2007/02/02 22:52
いぐさといえば畳の材料のイメージしかないと思われがちですが、薬草として使われた歴史もありいろいろな効能があります。

毒性がなく、薬草として利尿薬・消炎剤として利用されてきました。いぐさは食物繊維も多く含有しているため、原料としていぐさを使った青汁は野菜が足りない方には合った青汁だといっていいでしょう。そして、抗菌作用が強いのでお腹の弱い方や食中毒の季節に利用する青汁として効果が期待できるものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青汁の効能と効果

2007/02/01 22:14
青汁の効果をご存知ですか?

病気や体質改善にも役立ちます。個人差や、それぞれの青汁の原料で、効能が現れる内容もかわってくるので身体の状態に合わせて原料をチョイスして摂取する必要もあります。

摂取しすぎると逆効果になります。自分の体調・体質にあった原料に気を配って摂取しましょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


錠剤の青汁とは

2007/02/01 22:13
青汁粒は青汁の乾燥粉末を粒状に固めたものです。「青汁粒なら大丈夫」という方も多いんですよ。青汁が苦手な方も、青汁粒なら青汁の良さを取り入れることができます。
錠剤タイプの良さは、いつでも青汁を飲むことができることです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ゴーヤー青汁とは

2007/02/01 22:13
ゴーヤーは沖縄の野菜として有名です。古くから中国などで薬に使用されています。

ゴーヤーにはビタミンC・カリウムがいっぱい含まれ、健康野菜として広く親しまれ料理にも使われています。

また、ゴーヤーには血糖値を低くする作用があるとされているので、ゴーヤーを使用した青汁は糖尿病や高血圧の方にとってはちょうどいい青汁といっていいでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


よもぎ青汁とは

2007/01/31 01:20
よもぎは血液を浄化するのに有効であることで知られていて、生薬としても古来より使われています。

よもぎを煮出したものを飲用すると便秘や冷え性にも良く、怪我したところに塗ると止血効果が期待できます。

よもぎは他の植物にはない温める作用があるので、よもぎを使用した青汁は冷え性・貧血に悩んでいる方にとってはちょうどいい青汁といっていいでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

毎日飲むなら青汁?! /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる